トミーテックミニカー

MENU MENU

LV-N56c セドリック ターボエクセレンス(グレー/ 銀)

発売時期:2019年4月 価格:2,400円(税抜) 自動車の発売年代:1980年代 
自動車メーカー:日産自動車 
●いまだ高い人気の430セドリック
●7年半ぶりに新バリエーション登場!
●幻の特別仕様車と定番仕様

日本で初めてターボエンジンを搭載したのが、1979年発売の430型セドリック/ グロリア。直線的なボディラインも'80年代の車として新鮮に映り、高い人気を集めました。
'81年には後期型にマイナーチェンジ。さらにスッキリした印象が好評で、スタイルのイメージは次世代のY30型にも受け継がれました。
TLV-NEOでは2010年に製品化、翌年にかけてバリエーションを追加しましたが、ここで7年半ぶりに新仕様の登場です。

今回は、1981年にマイナーチェンジした後期型から、2000cc最高級車として販売上も主役となった白のターボブロアムと、モデル末期の'83年に追加された特別仕様車『ターボエクセレンス』を再現。
エクセレンスは、グレー系の2トーンとフロントグリルの大きなエンブレムが特徴的です。
ハイソカー・ブーム初期の一員として、日産車の中では圧倒的な人気を誇った430。実車の思い出を持つ方はもちろん、当時の街並みイメージの再現にも最適です。旧製品を持っている方も、初めて手にする方も、是非コレクションください。

※写真は試作品です。LV-N56cのボンネット形状、内装色、LV-N56bのリアエンブレム等は製品と異なります。
日産自動車株式会社商品化許諾済

条件を指定してさがす

この条件で検索
前のページへ戻る