トミーテックミニカー

MENU MENU

LV-N192a マツダ サバンナRX-7 GT-X 89年式(グレー)

発売時期:2019年12月 価格:2,400円(税抜) 
スケール:1/64 自動車の発売年代:1980年代 
自動車メーカー:マツダ 
●実車も魅力満載!平成初頭の名車たち
●人気のFC3S後期型を製品化
●エッジ部分のシャープさは必見

様々な名車が誕生し、日本車史上のヴィンテージ・イヤーといわれる1989年。平成元年でもあるこの年は、毎月のように新車が現れ、そのどれもが話題をさらう魅力を持ったクルマたちでした。この年、二代目サバンナRX-7(FC3S型)も、4年ぶりの大幅変更。185馬力から205馬力へとパワーアップ、ボンネットのアルミ化(一部)など、純粋なスポーツカーへの道を進んだ後期型はさらに人気となり、同じく'89年に現れたユーノス・ロードスターの大ヒットもあって、当時マツダは世界最大のスポーツカー量産メーカーとさえいわれました。

TLV-NEOでは、そのFC3S後期型を新金型で製品化いたします。後期型は、かつてロータリーエンジン車の象徴だった丸型テールランプの復活、ボディ色となったモール類、ウイング型リアスポイラーなど外観上でも変更点が多く、それらの特徴を極力再現。
今回は、通常ラインアップ中で最も硬派に仕立てられたGT-Xを製品化。専用形状のサイドスカートなども注目です。ボディ色は'89年式のカタログカラーでもあったグレーメタリックと、希少色ハーバーブルーメタリックをイメージした青の2色です。

※フロントスポイラーはユーザー取付パーツです。
マツダエース株式会社商品化許諾申請中

条件を指定してさがす

この条件で検索
前のページへ戻る